ステーション日誌

冬の乾燥対策

こんにちは。クローバー高崎のスタッフです。

徐々に肌寒い日が増え、気付けば今年も残りあと2か月となりました。本当に時の流れの速さに驚くばかりです。

私は先日、こたつや冬物の布団を出して冬支度を済ませましたが、皆さんは冬を迎える準備は万全でしょうか?

寒さ対策はもちろん、これからの時期は空気の乾燥が強くなるため、乾燥対策が欠かせません。

まず、ウイルス感染への対策に、空気の加湿はとても重要です。ウイルスは、空気が乾燥していると空気中をより長く漂うため、感染を起こしやすくなります。また、空気が乾燥していると、喉や鼻の粘膜も乾燥して炎症を起こしやすくなり、ウイルスへの防御力も低下してしまいます。加湿器を使用したり、濡れタオルをかけておくなどして湿度を50~60%程度に保てるようにしましょう。

他にも、乾燥肌への対策として肌も保湿はもちろん、こまめな水分摂取も大切です。空気が乾燥していると、皮膚からの水分蒸発が起こりやすいほか、夏より水分の摂取量が少なくなりがちなため、気付かないうちに脱水気味になってしまうこともあります。しっかりと水分を補給し、体の内側から潤いを保ちましょう!

これからますます乾燥する季節になりますが、今からばっちり対策をして元気に快適な冬を過ごしていただければと思います。