熱中症対策について

みなさん、こんにちは 訪問看護クローバー高崎 看護師 角田です。
新型コロナウイルスにより、身体的・精神的ストレスを感じていますと思いますが、
体調は大丈夫でしょうか? 
また、ここ数日気温が上がりすでに30℃超えている日がありますね。
夏が苦手な私はすべに体力減退です。
夏といえば連日、熱中症のニュースがあとを絶たないですね。
新型コロナウイルス予防でマスクを着用している事で、熱中症リスク上がるとされており、私自身危険を感じた場面が多々ありました。
今回は熱中症について述べて行きていと思います。

◆熱中症とは、高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かない事により、体内に熱がたまり、
 筋肉痛や大量な発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。
◆今年は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により外出自粛で家にいる事が多く、暑さに慣れないまま夏を迎え、熱中症にかかる可能性が
 高くなります。また、マスクをして過ごしている為、体内に熱がこもりやすくなってしまいます。
 常にマスクをしたままの人であれば、口渇の鈍化(マスク内の湿気があがっているのがことで喉の渇きを感じずたくなる)傾向にある可能性も
 あり、知らないうちに脱水が進み、熱中症となってしまうリスクが高まります。
◆予防
①暑さを避けましょう→エアコンを上手に利用、衣服の調整
②気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
  →屋外で人と十分な距離を確保できる場合には、マスクを外しましょう
   周囲の人との距離を十分にとった上で適宜マスクを外して休憩しましょう
③こまめに水分補給しましょう
  →喉の渇きを感じなくても、こまめな水分補給を積極的に行いましょう
④日頃から体温チェックをしましょう。体調が悪い時は無理をせず自宅療養しましょう。
⑤外出時は日傘や帽子を着用しましょう

上記を意識しこの夏を乗り越えましょう‼︎

自宅で私を癒してくれているトトロです^_^ ちなみに…教えてもらいながら私が作った作品です♬

                                     
  ~熱中症については一部、高崎市ホームページ抜粋~