愛犬ジル(Zir)の犬育日記・・・№1

我が家の愛犬ジルは、2019年8月生まれのミニチュアシュナウザーのオスで、ただいま生後10か月。
人間だと中学生くらいだそうです。
生後2か月で我が家の家族として迎えました。

初めて犬を飼い毎日戸惑いの連続。
「かわいい!」と思って飼うだけでいいはずなのに・・・悩みました・・・

【色々なところで粗相する】⇒片づけける⇒がっかりする
【走り回って止まらない】⇒私、目が回る⇒疲れる

「どうしてそんな事するの?」「なんで噛むの?」「どうしたらいいの!!」
もはや犬育ノイローゼ??
友人に、ジルを捨てに行くんじゃないかと心配される始末。
子犬の育て方のカウンセリングを受けたり、しつけ教室に通ったり・・・
犬は本能のままで、人間との関わり方で変わっていくはず。
しつけ教室も、どちらかというとジルではなく、私がトレーニングという名の≪しつけ≫を受けている。

新米飼い主でごめんね。
ジルよ、我が家に来て幸せですかああああ??

犬育に必死な私をよそにジルは人を見るとお座りするので、お散歩中はいろいろな方に撫ででもらい、
撫でてくれた人を覚えているらしく走り寄って行くので可愛がられています。
「親心、犬知らず」私の悩みは関係ない様子。
そんなジルも散歩に行く時はいつも拒んでいるんです。
反抗期でしょうか?

「おもちゃは置いて行きますよ!ジル♥」