令和元年から令和2年へ・・・

訪問看護リハビリステーションクローバー高崎です。

今年も残すところあとわずかとなりました。
年末の大掃除、帰省や新年の準備など、師走の字のように皆様お忙しい時間を過ごされているのではないでしょうか。
また、令和初のお正月、初詣に行かれる方や新年の抱負やお願いごとなどを考える方も多いかと思います。

新年の縁起物と言えば、二百十数年の歴史がある伝統工芸品の「高崎だるま」が有名です。
高崎だるまは、形全体が丸みを帯び、重心の安定した形をしています。これはいかなる困難にも対処できる落ち着いた心と忍耐力を表しているそうです。そして顔には、「鶴は万年、亀は千年」と言われる吉祥・長寿の動物、鶴(眉)と亀(髭)が表現されています。また、だるまの赤い色は、禅宗の開祖である達磨法師がまとっていた赤の法被の色を表し、前面に書かれている金色の模様は袈裟を意味しているそうです。江戸時代、赤い色は病を治すと言い伝えられ、重宝されていたということです。

令和2年1月1日・2日に、高崎駅西口駅前通りで「高崎だるま市」が開催されます。
全国で最も早いだるま市で、「縁を起こして福を呼ぶ」として、大小、カラフル、様々なだるまが販売され、会場には2.8メートルの特大のだるまも展示されます。ご家族・ご友人皆様でぜひお出かけになってみてください。

 

 

 

 

今年は皆様にとってどのような1年でしたでしょうか。
クローバー高崎スタッフ一同、今年1年を振り返りながら令和2年も心を込めてサポートさせていただきます。

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。
皆様、体調にお気をつけて、よいお年をお迎えください。